豊中の緑の診療所だより

豊中の緑の診療所「加地内科クリニック」からのおたよりです

神経性の胃痛に安中散(あんちゅうさん)

神経性の胃痛に安中散 加地内科クリニック

 

 夏場は、クーラーや冷たいものの飲食により、腹部が冷えて腹痛が起こりやすくなります。
 安中散は、神経性の胃痛によく用いる漢方で、胃酸過多による胃痛にもよく効きます。エンゴサクという鎮痛の生薬が入っていて、月経痛にも有効です。
 腹部の冷えで起こる胃痛には、当帰湯(とうきとう)などの体を温める漢方を用います。慢性的な胃腸の冷えには、人参湯(にんじんとう)、附子理中湯(ぶしりちゅうとう)などをよく用いています。
 逆に食べ過ぎたり、飲み過ぎたり、辛いものをとりすぎたりすると、胃熱がこもることにより、胃腸を痛めるので、清熱の漢方を用います。
 このように同じ胃痛という症状でも、原因や体質により、その方にあった漢方を選ぶ必要がありますので、ぜひ、ご相談ください。

 

kaji-clinic.hatenablog.com