豊中の緑の診療所だより

豊中の緑の診療所「加地内科クリニック」からのおたよりです

便秘の漢方治療

便秘の漢方治療 豊中 加地内科クリニック



便秘に対しては、西洋医学的には下剤で対処しますが、長期の内服で効き目が悪くなってくることをよく経験します。このような場合、漢方医学的には体質改善による自然な排便を目指します。

漢方医学的な体質診断には、以下のようなものがあります。
1.熱秘タイプ:熱がこもりやすい体質で、消化器系に熱が停滞し、水分が消耗されて便が硬くなり、便秘になります。
→熱を除去する漢方薬を処方します。

2.気秘タイプ:気の流れが良くないため、消化管の運動がスムーズでなく、便秘になります。
→気の流れを伸びやかにする漢方薬を処方します。

3.虚秘タイプ:気虚で下腹に力が入らない場合と、血虚で大腸が潤わず、便が硬くなる場合があります。
→気血を補う漢方薬を処方します。

4.冷秘タイプ:冷えが原因で腸の機能が低下して便秘になっています。
→体を温める漢方薬を処方します。