豊中の緑の診療所だより

豊中の緑の診療所「加地内科クリニック」からのおたよりです

脂肪肝の食養生とハーブティー

脂肪肝の食養生とハーブティー 加地内科クリニック



脂肪肝とは、肝臓に脂肪がたまりフォアグラ状態になる病態をいいます。今や、日本人の三人に一人は脂肪肝といわれており、脂肪肝のある患者さんでは動脈硬化などの生活習慣病の危険度も高くなります。また、脂肪肝が肝硬変、肝癌へ進行する場合もあるので厳重なフォローが必要となります。
脂肪肝の原因としては、食べ過ぎ飲み過ぎや運動不足といった生活習慣の悪化が多いと考えられます。そのため、治療としては、食事療法、禁酒、運動療法によって、肝臓にたまった余分な脂肪分を減らすようにします。
中医学的には、脂肪肝の病因として、まず、湿熱があげられます。 湿熱とは、食べ過ぎ・飲み過ぎにより、体内にたまった余分な「水」と「熱」が気や血の巡りを邪魔することで肝臓や消化管の働きを妨げるなどの不調をひきおこします。
湿熱を取るためのおすすめ食材は、

 セロリ、きゅうり、とうもろこし、はと麦、冬瓜、チンゲンサイ、豆腐、すいか

などです。
他にも、脂肪肝の食養生でおすすめ食材は

 熱を取り除く: きゅうり、苦瓜、なす、トマト、白菜、豆腐、緑豆、緑茶
 気の巡りをよくする:大根、かぶ、レモン、柚子、みかん、オレンジ
  血の流れをよくする:チンゲンサイ、玉ねぎ、マイカイ花、酢

などがあります。
漢方医学では、湿熱を取り、気の巡りをよくして、胃腸の調子を整える漢方などを用います。

脂肪肝と診断されても、原因や体質によって用いる漢方や薬膳(おすすめ食材)が異なりますので、一度ご来院の上、体質診断をおすすめいたします。

ハーブティーで肝臓の調子を整えるのにおすすめは、

  ダンディライオンルート:肝機能・胆汁分泌促進、胃を丈夫にする
  パードック:便通促進、解毒、健胃
  ローズヒップ:ビタミンCの補給
  ネトル:ビタミン、ミネラルの補給

の組み合わせになります。

 参考:「薬膳の基本」辰巳洋、緑書房 
     「ハーブティーブレンド100」しばたみか、山と渓谷社

コロナ後遺症でなおりにくい咳に清肺湯(せいはいとう)

慢性咳嗽に清肺湯(せいはいとう) 加地内科クリニック



最近、新型コロナウイルス感染後遺症を診療することが増えています。中でも、慢性咳嗽はよくある後遺症です。西洋薬で鎮咳薬を処方されますが、なかなか治らないことが多いようです。
なおりにくい慢性咳嗽には、清肺湯をよく使用します。また、陰虚を伴う場合には、麦門冬湯、滋陰降火湯、滋陰至宝湯なども使用します。肺熱が強い場合は、麻杏甘石湯を併用します。気虚を伴う場合は、四君子湯、補中益気湯を併用します。胃腸機能の低下がある場合(脾虚)には、平胃散、六君子湯を用います。また、ストレスが多い時には、加味逍遥散、半夏厚朴湯なども用います。
慢性咳嗽といっても、様々な原因、体質によりひきおこされておりますので、しっかり診断した上で、漢方を選択する必要があります。症状がなかなか改善しない場合には、一度ご相談ください。

なお、現在、漢方の需要の増加に伴い、漢方が供給不足とのことですので、ご注意ください。

 

食思不振に六君子湯(りっくんしとう)

食思不振に六君子湯(りっくんしとう) 加地内科クリニック


六君子湯は、慢性的に食欲が低下し、腹部のもたれ感、全身倦怠感、下痢、軟便などの症状がある場合(脾気虚)に用います。六君子湯の主成分は人参で、これが気を補い、全身倦怠などの気虚の症状を改善します。胃腸が悪くて元気がない、という場合にまず試したい漢方といえましょう。
さらに、嘔気がよくならない場合、香附子といった香りの高い生薬を加えた香砂六君子湯も有効です。胃が冷えて、唾液やよだれがよく出るなどの症状がある場合は、胃を温める人参湯がすすめられます。他にも、平胃散、小柴胡湯などを症状に応じて使い分けていきます。
食慾不振も、原因や体質によって様々な漢方を用いることができますので、ご相談ください。

 

kaji-clinic.hatenablog.com


kaji-clinic.hatenablog.com

神経性の胃痛に安中散(あんちゅうさん)

神経性の胃痛に安中散 加地内科クリニック

 

 夏場は、クーラーや冷たいものの飲食により、腹部が冷えて腹痛が起こりやすくなります。
 安中散は、神経性の胃痛によく用いる漢方で、胃酸過多による胃痛にもよく効きます。エンゴサクという鎮痛の生薬が入っていて、月経痛にも有効です。
 腹部の冷えで起こる胃痛には、当帰湯(とうきとう)などの体を温める漢方を用います。慢性的な胃腸の冷えには、人参湯(にんじんとう)、附子理中湯(ぶしりちゅうとう)などをよく用いています。
 逆に食べ過ぎたり、飲み過ぎたり、辛いものをとりすぎたりすると、胃熱がこもることにより、胃腸を痛めるので、清熱の漢方を用います。
 このように同じ胃痛という症状でも、原因や体質により、その方にあった漢方を選ぶ必要がありますので、ぜひ、ご相談ください。

 

kaji-clinic.hatenablog.com

めまい、立ちくらみに苓桂朮甘湯(りょうけいじゅつかんとう)

 

めまい、立ちくらみに苓桂朮甘湯 加地内科クリニック


 季節の変わり目や雨の多い季節には、めまいや立ちくらみが起こりやすくなります。めまいが続く場合には、脳の血管障害などがないかを確認するために、まず、脳の検査をおすすめしています。
 普段から運動不足で、体が冷えやすい方は、全身の水分バランスが悪くなり、めまいや頭痛などの症状が起こりやすくなります。 そのような方には、苓桂朮甘湯がおすすめです。さらに、体質によって五苓散や半夏白朮天麻湯などの他の漢方も用います。
 いつも同じ季節にめまいの起こりやすい方や西洋薬でもめまいがなかなか改善しない場合にはぜひご相談下さい。

 

頭痛の漢方治療に呉茱萸湯(ごしゅゆとう)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

頭痛の漢方治療に呉茱萸湯 加地内科クリニック

 頭痛に対して、頭痛薬を続けていると、いくら飲んでも効かなくなったり、薬物乱用頭痛を起こすこともあります。頭痛薬の乱用を避けるためにおすすめするのが漢方薬です。
疲れやすく、手足が冷える、月経前に頭痛が発生しやすいなどの症状がある方の頭痛におすすめなのが呉茱萸湯です。呉茱萸湯は身体の中心である腹部を温め、気・血の流れを改善することで頭痛を鎮める処方です。 さらに、頭痛に吐き気を伴うような方や雨の日に頭痛がひどくなる方(天気痛)では、五苓散がおすすめです。
これ以外にも、頭痛の原因によって様々な漢方がございますので、頭痛でお悩みの方はご相談下さい。