豊中の緑の診療所だより

豊中の緑の診療所「加地内科クリニック」からのおたよりです

コロナ後遺症でなおりにくい咳に清肺湯(せいはいとう)

慢性咳嗽に清肺湯(せいはいとう) 加地内科クリニック



最近、新型コロナウイルス感染後遺症を診療することが増えています。中でも、慢性咳嗽はよくある後遺症です。西洋薬で鎮咳薬を処方されますが、なかなか治らないことが多いようです。
なおりにくい慢性咳嗽には、清肺湯をよく使用します。また、陰虚を伴う場合には、麦門冬湯、滋陰降火湯、滋陰至宝湯なども使用します。肺熱が強い場合は、麻杏甘石湯を併用します。気虚を伴う場合は、四君子湯、補中益気湯を併用します。胃腸機能の低下がある場合(脾虚)には、平胃散、六君子湯を用います。また、ストレスが多い時には、加味逍遥散、半夏厚朴湯なども用います。
慢性咳嗽といっても、様々な原因、体質によりひきおこされておりますので、しっかり診断した上で、漢方を選択する必要があります。症状がなかなか改善しない場合には、一度ご相談ください。

なお、現在、漢方の需要の増加に伴い、漢方が供給不足とのことですので、ご注意ください。