豊中の緑の診療所だより

豊中の緑の診療所「加地内科クリニック」からのおたよりです

慢性湿疹・アトピー性皮膚炎に温清飲(うんせいいいん)

慢性湿疹・アトピー性皮膚炎に温清飲  豊中市 加地内科クリニック


湿疹(皮膚炎)は、皮膚に起こる炎症です。発赤から、膨らんだり、水疱ができて、潰れて、びらんになったりします。
西洋医学では、ステロイド軟膏や抗アレルギー薬などで治療します。すぐに治癒すればいいですが、長引いて慢性化することもあり、その場合は漢方の適応といえましょう。
温清飲は、熱を冷やす黄連解毒湯という漢方薬と皮膚に潤いをもたらす四物湯という漢方薬の合剤で慢性湿疹にはよく使用する漢方薬です。
さらに原因や体質によって様々な漢方が用いられます。ストレスが強い場合は、理気薬という漢方を用いますし、気の不足する気虚という体質では補気薬という漢方を用います。
慢性化した湿疹は、心と体のバランスの乱れが原因となっていることも多く、体質をみた上で漢方を処方させていただいておりますので、お気軽にご相談ください。

 

kaji-clinic.hatenablog.com